カレンダー

« 2008年6月18日 »123456789101112131415161718192021222324252627282930

2008年6月18日アーカイブ

タイトル通りSigma 30mm F1.4 EX DC HSM 開放での被写界深度

最短撮影距離で撮影。センサー位置から40cm(レンズ前から30cm)くらい。

ピントチェック画像クリックで等倍の切り出し画像。

D40(600万画素)からの等倍画像だからこのところの主流の1200万画素クラスだともう少しシビアになりそう。撮りっぱなしから一回シャープをかけている。

定規の15cmのところにSDを置いたつもりだが・・・やや後ピンは気にしない。
簡易チェックなのでセッティングがアバウト。SDが斜め。

おおよそ8mmくらいの被写界深度のように見える。

このレンズは最短撮影距離がちょっと長めなのでKenko MC CLOSE-UP NO.3(メーカーHP)が必須。
居酒屋で自分の前にある料理が撮りにくかったりするのが解決できるが、
もともとペラペラな被写界深度はさらにペラペラになるのが悩み所か・・・。

 

ピントチェック2

こちらがMC CLOSE-UP NO.3を使用した場合。同じくリンク先が等倍切り出し。
だいぶ大きく撮影できるがこちらの被写界深度は3mmくらいか。

************************************************
(1枚目)
NIKON D40
Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM
F1.4 1/500 ISO200
ストロボ トップライト1灯 ソフトボックス
Photoshopでシャープ1回,等倍切り出し


(2枚目)
NIKON D40
Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM
MC CLOSE-UP NO.3
F1.4 1/500 ISO200
ストロボ トップライト1灯 ソフトボックス
Photoshopでシャープ1回,等倍切り出し

知ってる人にとっては今さらなことだけど。

漢字入力中に半角スペースがほしい時、
Shift+スペースキーで入力できることを教えてもらった。

いやぁ、まだまだ使いこなせてない(汗

このアーカイブについて

このページには、2008年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月16日です。

次のアーカイブは2008年6月19日です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.2-ja
Powered by Movable Type 4.2-ja