カレンダー

« 2008年8月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

Holux M-241 で取得したログ

| | コメント(0) | トラックバック(0)

前回はHolux M-241のファーストレビューとあんまりやっちゃいけないような事をしてみましたが、
今回はまじめにGPSの精度なんかを…。

さっそく。下の画像は上、左下、右上の順にJRの三田、神戸、京都の各駅です。
かの有名な塚口-尼崎間というのはちょうど画面中央下部の┴になってる部分です。

制限速度70km/hのところを100km/hオーバーで突っ込んで脱線したのに
制限速度を60km/hに下げたうえに実際には50km/h程度で走ってる今のやり方は
私には謎です。速度を守れば脱線しないしATS-Pが整備された今となってはなおさら・・・。
朝寝坊でもしていたら私自身のっていたかもしれない電車でしたが、
電車が遅れてる時に、ああもノロノロ走られるとむずがゆくて仕方ないです…。

関係のない話はこの辺にしといてGPSロガーの話へ。
GoogleEarth形式のログファイルを用意しているのでインストールしている方は

ここをクリック してご覧ぐださい。(上手くいかないときは“右クリック→保存”でお願いします。)

GoogleEarthは無料でダウンロードできます。詳しくはGoogleのサイト(外部リンク)で。

Holux M-241のログ

ここからは実際のログファイルを見ながら読んでいただけたらと思います。

取得時の天候は晴れです。GPS機器全般ですが雲が厚かったり雨が降っていると
信号が著しく劣化するために電車内のような悪条件では誤差が大きくなったり
最悪の場合位置を取得できなくなります。

電車のタイプは2列-通路-2列の快速・新快速です。ロングシートタイプの電車よりも
衛星が見えずらい様で窓際の席でないと一度ロストすると数分間再補足できないことが
しばしばあったので、今回はずっと窓際の席での実験。

まず三田−宝塚間のトンネル区間の追従性に注目してください。トンネルとトンネルの間の
数秒間でも衛星を再補足しているのがわかります。

続いては駅停車中のふらつき具合。
駅停車中は屋根があり駅舎がありとかなりの悪条件です。

尼崎と立花でふらふら外を歩いていますがビル街で使うとこんな感じでしょう。

白丸が50km/h以下、白四角が100km/h以下、赤丸がそれ以上にしてあります。
記録間隔は1秒のところと5秒のところがありますので比較してみてください。
電車のような乗り物では軌跡に大きな差は出ないのではないでしょうか。

標高も記録されているますが電車内からだと誤差が大きすぎてほとんど使い物にならないでしょう。
これはこの機種に限らないのですが…。
大きい時で50mくらいの誤差があります。

各ポイントに時刻や高度、速度など各要素を表示するにはNMEA to KMZで
ログファイルを変換するときに設定する必要があります。M-241は標準で速度は記録されていませんが、
各ポイント間の距離と時間から平均移動速度を計算して速度として表示してくれる
ので速度を記録していなくてもいいような気もします。

あり得ない速度のポイントを削除する機能がありますがこの機能は平均移動速度を使わないと意味がないように思います。
GPSの測位が変なところに飛んでもGPSが測ってる速度はだいたい10km/h未満ですが
平均移動速度を計算すると1000km/hオーバーだったりするので。

今回のレポートは以上です。

 

この機種に限りませんがジオタグをNikonのデジタル一眼レフカメラのRaw形式のファイルに
書き込む方法はこちらです。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Holux M-241 で取得したログ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.butter-fly.jp/mt-tb.cgi/41

コメントする

  

このブログ記事について

このページは、ねずみが2008年6月 3日 AMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SoftBank 708SC」です。

次のブログ記事は「お好み焼きと焼きソバと。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.2-ja
Powered by Movable Type 4.2-ja