カレンダー

« 2008年8月12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ホテル大阪ベイタワースイートルームに泊まってみた。

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  部屋は5001

スイートといえど、荷物は自分で運ばなければいけないみたいです。

DSC_1765.jpg  

5021-5026はデラックスルームだと思われます。
奥行きが違うのでスイートは5021の2.5倍くらいの広さでしょうか。
このホテルのスイートはこの3部屋しかなく、土日は早めに予約を入れないと
満室となっていることが多いようです。ただし、1週間前から当日にかけてキャンセルが
ほぼ確実に出ています。

玄関部分の写真を撮り忘れました。
広かったです。3畳ぐらいありそう。クローゼットも大きかったです。

 

リビングルームの奥のほう

DSC_1552.jpg

いちおう液晶テレビです・・・。STBがアナログなので地上波もアナログ。コンポジット接続で画質には期待しない方がいいでしょう。
ただテレビ自体はHDMIも付いてたので地デジ・BSデジタルが見れたら嬉しかったです。
テレビ番組表は置いてなかったような気がします。言えば持ってきてくれるでしょうけど。
STBの横のパネルがUSEN。
画面中央奥側、ライティングデスクも十分な大きさです。

カーテン・レースは電動だけれども…スイッチが(テレビの後ろにある)柱の両側についているもの
しかないので結局窓際まで行かないといけない仕様。
もしかしてテレビのリモコンで操作できたりしたとか?

照明もスイッチがあっちこっちにあってどれがどれなのか分かりにくいのと
フロアスタンドはスタンドのスイッチ(調光可)で操作しないといけないです。

日ごろ運動不足なエグゼクティブには部屋で運動してもらおうという心遣いか…
とにかく歩かせてくれる(^^ゞ

画面左奥に少し見えているのけれどチェアが2脚置いてありました。

この写真でカメラの真後ろの方向にミニバーがあるのですが写真撮り忘れました。
ポット、日本茶のセット一式、グラスがペアで2組、冷蔵庫の水・・・無料なのはこのへんか。
小さいながらシンクも付いていました。氷は部屋の外に取りに行く。

 

こちらはリビングルームの手前のほう

DSC_1294c.jpg

このスタンドもそれぞれのスイッチで消灯と調光できました。
シーリングが家庭用の電球色蛍光灯のものでなんだかなぁと思ってしまいました。
下にある台にスピーカーが組み込まれていてUSENの音なんかが聞こえるのですが
Rchのスピーカーは壊れているのか接続不良か音が出ていなかったです。

空調は温度設定が1度単位で、風量がOFF-L-M-Hのタイプ。
冷房の時期は冷房しか入らないと思います。

ベッドルーム DSC_1294k.jpg

こちらも液晶テレビアナログ接続。

奥の柱のスイッチがカーテンレールのスイッチだけど、
操作が終わるまで押し続けないといけないし、カーテン・レースの同時操作はできないという
なんだか手で開けたくなる仕様。
ベッドルームのカーテンはコンソールパネルからも操作可能。
写真で見るとクロスがきれいじゃないですね。あまり気にならなかったけれど。
ストロボ撮影なのでアラが出てるのは確かですがドレッサーの左のシミは何だ?

DSC_1600.jpg

コンソールパネルは目覚ましと空調とUSENと照明の一部。
空調はOFF-L-M-H だったっかな。よく覚えていない。
USENはリビングルームとは別のものか?使ってないのでわからないけど、
バスルームにも音量のスイッチが付いていてお風呂に入りながら聞ける。

 

バスアメニティ

DSC_1629.jpg

ダブルシンクでした。鏡も3面張り。
こちらにも椅子がひとつ。

ソープ類はPOLA製。悪くなかったけど、
一休で最安値が同価格帯のウェスティンホテル大阪の
エグゼクティブスイートはブルガリなのを考えると見劣りするか・・・。
ポーラのサイトで直販している。それぞれ500mlが1575円。

DSC_1621.jpg

洗面化粧台の後ろがバス。右側にシャワーブース。
シャワーブースの正面が寝室への出入り口。
シャワーブースの右側に二つ目のトイレ。

浴槽は少し古い感じだけど2人で入っても狭くはないです。最上階のせいか給湯速度は遅めでした。
シャワーブースは湯と水を手動で混合するタイプです。
途中でシャワーを止める癖のある我々庶民には再調節が面倒ですねぇ。
出しっぱなしにしますけど(^_^;)
シャワーの水圧は十分でした。

DSC_1633.jpg

掃除は行き届いていて清潔感のあるトイレでした。
こちらのウォッシュレットは古いタイプ。建設当時のものでしょうか。
もう一つのトイレが部屋に入ってすぐのところにあるのですが、
そちらの方が広くでウォッシュレットは新しいタイプに交換されていました。
壁面に取扱説明のボードが張り付けてあるのですが、(このトイレだとインターホンの左のもの)
それは古いままでした。
おそらく故障で交換されたのでしょうが、なんとなく中途半端な感じを受けてしまいます。

 

続いて外の景色を。

雨が降ったりやんだりの天気。視程が短くて残念です。
部屋からなので精度は良くないでしょうけどもGPSでは標高150m付近を示していました。
建物が200mらしいのでもう少し高いでしょうか。

 

DSC_1762pb.jpg 広角ビュー

DSC_1669p.jpg

天気が良ければ明石海峡大橋もしっかり見えるのですが…。
部屋からの150°くらいの眺望。パッと見たらこんな感じですかね。上下はもっと見える。
撮影の都合…。
高層マンションが聳え立っています。ホテルより高い。
目のいい人はマンションの中で歩いている人の性別ぐらいはわかるかもしれない。

  DSC_1678.jpg窓際まで行けばこんな感じ。なんかもう真下にある15階建てくらいのマンションがおもちゃみたいです。
USJの花火が見えています。

スイートは50階ですが、最も低い客室も30階からなので眺望はいいでしょう。
51階がレストランなので夕食やバーで利用してみ見てはいかがでしょう。

周辺ですがUSJ・梅田・天保山・なんば・心斎橋どこに行くにもアクセスは悪くないですし(特別良くもないですが)大阪観光の拠点に連泊されるのもよいかと思います。
ふつうのお部屋ならビジネスホテルなみの料金で利用できるのがいいですね。

今回は贅沢させてもらいました。

 

空気の澄んでいるときの眺望は“写真部 mptfk.exblog.jp”の
2006年 03月 23日の記事
2006年 03月 24日の記事
2006年 03月 25日の記事

で、素晴らしい写真で紹介されていますのでご参考に。

同じ部屋のレビュー
ホテル大阪ベイタワーのスイートルーム レポート

私の写真に写ってない所がいっぱい。あれっ?そういえば一人掛けソファどこ行ったの??

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ホテル大阪ベイタワースイートルームに泊まってみた。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.butter-fly.jp/mt-tb.cgi/57

コメントする

  

このブログ記事について

このページは、ねずみが2008年7月 3日 AMに書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「eo光ネット200Mコース速度測定」です。

次のブログ記事は「MX-R 修理完了?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.2-ja
Powered by Movable Type 4.2-ja